確かな技術と自由な発想 新しいライフスタイルをご提案します

目指すのは、管理組合の役員の皆さまには負担が増えずに、主導権を保ちながら、経費を大幅に削減する仕組みつくりです。

マンション管理組合の皆さまへ

 当サイトへご訪問誠にありがとうございます。
 当事務所は「“管理会社”主導から“管理組合”主導へ」をすべての仕組みの基礎に据えているマンション管理士の事務所です。
 そのため他の管理会社や管理士とは一線を画しています。

 自主管理は大きな負担というイメージですが、“自主管理”とは何でもかんでも手弁当で行なう“ボランティア管理”(こういう言葉はありません。ここでの造語)とは全く違います。自分たちでなんでもかんでもやろうとする“ボランティア管理”には、限界と弊害があります。
 作業類や雑務=筋肉労働は、案件ごとに専門家や業者を活用して、自分たちの頭で判断し自分たちで決定する“あるべき”管理の姿のことです。

 一方、自主管理というのは、管理会社の言いなりを止めて、マンション管理の主導権を管理会社から取り戻すこと。管理会社への「丸投げ管理」から抜け出して、管理組合が管理の主人公になることです。

 「丸投げ管理」では、実はマンションにとって不必要な作業をパッケージ化で組み込んでいたり(必要性を検討したこともないから組合員は何も疑わない)、工事の相見積は談合的に調整していたり(管理会社の稼ぎは管理費だけでなく工事マージン)・・・と、「一括管理」というマジックワードのもと、ブラックボックスの不透明性で、主人公であり支払主体である管理組合が、その作業が本当に必要か否かの検討すら出来難かったり、作業を担当する業者を自分たちの判断だけで選定も出来ない状況です。

 そのような「丸投げ管理」から抜け出し、管理組合と各業者が直接契約をすることで管理会社のマージン上乗せを回避することで、経費の大幅削減を実現ができます。各業者との直接契約を含めた煩雑な進行や作業は、当事務所が秘書役・用務員となって、定額料金で作業や監督を肩代わりします。

 当事務所は、 @嘘をつかない A隠さない Bかすめ取らない Cいじめない  という四つの社是のもと、このような独自の管理方式システムとサポートを、管理組合の役員の皆さまにご提供しています。

 立ち返るのは常に利用者である管理組合の立場に立った視点です。
 目指すのは、管理組合の役員の皆さまには負担が増えずに、主導権を保ちながら、経費を大幅に削減する仕組みつくりです。
 当サイトでは実際に管理のうえで利用可能なデータの提供、管理費削減のご提案、管理費滞納問題への対処、管理会社変更、自主管理への移行などのノウハウと道すじをご案内いたしております。

新着情報

バナースペース

株式会社 会田マンション管理事務所
(マンション管理士登録:第0007030391号)

〒272-0832
千葉県市川市曽谷4-24-8-111

TEL047-701-7992